デメリット

何から摂る?乳酸菌

発酵という工程では、多くの乳酸菌が発生します。
ヨーグルトやチーズは乳酸菌が豊富な事でもよく知られていますが、実は日本食からも乳酸菌を摂取できます。
意外と身近な食材という事もあり、特に意識しなくても毎日のように日本食を食べていれば摂取できているのです。

日本食の何に乳酸菌が含まれているのかを見ていきましょう。
料理の味付けに使う味噌、醤油は大豆を発酵させて作りますから、乳酸菌が含まれています。
大豆発酵食品では納豆も同じです。
漬物は野菜を塩や麹などを使い発酵させて作りますから、発酵の時に乳酸菌が増えます。

味噌汁や漬物は日本食には欠かせないものです。
乳酸菌を摂取しようと意識しなくても、自然に摂取できるのはメリットです。

ヨーグルトやチーズの場合は、好きな人には楽しく食べられますが、苦手な人にとっては食べるのが苦痛になる事もあります。
こういう時も日本食なら比較的取り入れやすいですし、野菜の漬物は自宅でも簡単に作れますから、今まであまり食べていなかった人も気軽に取り入れられると思います。

日本食には日本酒が良く合います。
日本酒製造も発酵という工程がありますから、この時乳酸菌が発生します。
たくさん飲むのはお勧めできませんが、適量なら毎日の晩酌でも摂取できます。

乳酸菌は毎日摂取し続ける事が重要です。
食事に含まれていれば毎日の摂取は可能ですが、仕事などで食事が不規則になりがちの人は、サプリメントでも代用できます。
ただいサプリメントはあくまでも補助的な意味で使いますから、基本は食事を中心にするのがベストです。

こうして見ると意外と身近なところにも乳酸菌が含まれています。
日本食にも豊富に含まれていますが、ヨーグルトが注目されるのは含有量が抜きん出ているからです。

1mlのヨーグルトに約1000万個以上の乳酸菌が含まれていると言われているので、日本食で足りない分をサプリメントではなく、ヨーグルトで補うのも手軽で便利です。
またこちらの乳酸菌の健康食品レシピについても参考にご覧ください。