乳酸菌でおなかの張りを改善
デメリット

乳酸菌でおなかの張りを改善

お腹が張るのは腸内にガスが発生しているからですが、この状態は腸内環境が悪化している可能性が高くなります。
考えられる原因としては便秘ですが、そう簡単に改善出来ないケースが多いのも厄介なところです。
こういう時は乳酸菌を活用してみましょう。

お腹が張っている時は腸の中にガスが充満していますが、ガスが出ても腸内環境がそのままではまたすぐにガスが溜まり、お腹が張ってきます。
この場合は腸内環境の改善が必要です。
善玉菌を増やし、悪玉菌よりも優位にするために乳酸菌が役立ちます。

ヨーグルトや牛乳、大豆発酵食品、チーズや漬物にも乳酸菌は豊富に含まれています。
ただし一度にたくさん食べれば良いというわけではなく、毎日バランスよく摂取し続ける事が大切です。

お酒も発酵食品の一種ですから乳酸菌が含まれていますし、アルコールは便を柔らかくする作用があるので、便秘解消に適量のお酒を飲むのもオススメです。

乳酸菌は善玉菌の餌となりますが、胃酸に弱いためほとんどが胃で死んでしまいます。
死んでしまっても腸に運ばれると善玉菌の餌になりますが、効果的に取り入れるなら胃酸に強い乳酸菌を選びましょう。

ヨーグルトでもカスピ海ヨーグルトがオススメです。
カスピ海ヨーグルトにはクレモリス菌という乳酸菌が含まれています。
独特な粘り気はクレモリス菌の影響ですが、胃酸に強く生きたまま腸に届く事ができます。
生きたまま腸に届くので、善玉菌をサポートする力も強く、腸内環境改善にも期待が持てます。

カスピ海ヨーグルトは市販されている物もありますし、種を入手して自宅で作る事もできます。
酸味もまろやかで食べやすいから、ヨーグルトが苦手な人も食べやすいと思います。
腸内環境改善効果も期待できるので、ぜひお試し下さい。

食事の見直しも腸内環境改善には欠かせませんが、生活習慣の見直しをして、適度な運動を取り入れると更に効果が期待できます。
食事の見直しは健康的な生活を送るために欠かせません。
また気になる乳酸菌の真相についても参考にご覧ください。